宮崎サーフィン

宮崎 サーフィン

ここで、宮崎でのサーフィンを紹介します。

 

九州の南東、太平洋に面し日射時間・降水量など全国でトップクラスの好条件の温暖な気候。

 

宮崎でサーフィンしていると、ここはハワイ?
と思いたくなる。

 

 

ここ宮崎の波がいいのは、有名で誰もが知っている。ASPの大会が数多く開催されているのをはじめ、

 

ビックタイトルの候補に挙がり、数々のプロ選手たちが訪れている。メインビーチの木崎浜は特に人気が有り、

 

県内外のサーファーたちでごった返している光景を目にするとさながら、湘南や千葉と変わらない混み具合である。

 

それでは宮崎でのサーフィンが楽しめる、主なポイントを紹介します。

 

<伊勢が浜> 
宮崎でのサーフィンの入門的ビーチ。両サイドが岩場の湾内でのポイントブレイク。
レギュラーもあるが、南からのうねりが入るとロングライド可能なグーフィーの
規則正しいマシンブレイクとなる。波質はメロー。

 

 

<小倉ヶ浜> 
日向エリアのメインポイント。波質は典型的なビーチブレイクで、
面のやわらかいイージーなファンウェーブ。ビギナーから上級者まで楽しめる。
大きな駐車場があり、週末は多くのサーファーが集まる。波質メロー。

 

 

<金ヶ浜> 
小倉ヶ浜に駐車場が出来る前のメインポイント。
小倉ヶ浜よりもパワーのある波質。夏の南からのうねりでグーフィーの
ロングウォールが形良く崩れる。人気の高いポイントの一つ。波質オールラウンド。

 

 

<伊倉ヶ浜> 
典型的なビーチブレイク。サーフィンセンターを町で立てた、町ぐるみの
サーファーに優しい環境のポイント。波質はオールラウンド。

 

 

<木崎浜> 
宮崎のホットビーチブレイク木崎浜。世界アマ、ASP、宮崎プロなどの
大会の開催地。比較的ロングライド可能な典型的なビーチブレイク。
初心者から上級者まで楽しめる。波質オールラウンド。

 

 

<青島> 
ジャイアンツのキャンプ地で有名なポイント。
青島がうねりを妨げ比較的メローな波質でビギナーから上級者まで楽しめる。

 

 

<内海> 
台風接近などで真っ先に宮崎サーファーがチェックするポイント内海。
最も有名なロックポイントでミスが許されない岩場が待ち構えている。

 

インサイドでの岩場による事故が多発する等、上級者オンリーのポイント。
1キロほどパドルしたアウターブレイクは、ダブルからブレイクし始め、
10フィート以上で真価を発揮するというエキスパートオンリーの波、超パワフル。

 

 

<伊比井> 
小さな湾の中でのブレイク。ビーチのわりにパワーがあり、ロングライドも可能。
頭からダブルがベストサイズ。波質はホロー。

 

 

<小吹毛井(こぶけい)> 
レギュラー・グーフィー共有りで、テイクオフからかなりほれあがり、ホローな
チューブが長く続く。上級者ポイント。波質ホロー・パワフル。

 

 

<直線>  
台風によるベストなうねりを受けるポイント。小吹毛井と同様パワーのある
ホローな波。上級者にも厳しい波質。超ホロー・パワフル。

 

 

<先端>  
小吹毛井・直線に続いて最もスケールの大きな波。
レギュラーオンリーで上級者のみのポイント。波質ホロー・パワフル。

 

 

<昭寿園>  
老人ホーム前のビーチブレイクでコンスタントでパワフルにブレイクする。
木崎浜よりもパワフルで、ホローな波。カレントもきつい。
釣り・海水浴などの水難事故がもっとも多い場所。

 

 

<梅ヶ浜>  
スピーディーでパワフル、地形が決まればチューブも巻いてくる。

 

 

<大堂津>
大堂津海水浴場のポイント。ロングボーダーからボディーボーダーまで
多く足を運ぶ和やかなポイント。海水浴の規制に注意!
波質はメロー。

 

 

いかがでしょう。宮崎は場所柄、全体的にパワフルでホローな波質のポイントが多く、又ロックブレイクもたくさんあり、はじめて訪れるサーファーには十分な注意と心がまえが必要です。

 

ローカルサーファーに聞いて危険なポイントは避けた方が無難でしょう。温暖な気候と澄んだ海での宮崎サーフィン、はずせないサーフィン旅行のひとつです。

 

自分の力量に応じたポイントで、楽しんでサーフィンをしたいものです。宮崎へは、東京から飛行機で約1時間半。片道航空運賃が約3万円。ツアーなら運賃込みで一泊約4万5千円ぐらい。格安ツアー・航空チケットで比較してみて下さい。


 
サーフィン初心者の方へ 格安海外ツアー[H.I.S] e航空券.COM 海外ホテル[オクトパス] 離島の航空券「割チケ.JP」